ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革


明治 35年 石川儀一、磐田郡見付町にて石川組を創業。県立浜松師範学校他、病院、学校など数多く施工
大正 10年 大蔵省発注の見付専売支局を受注
昭和 6年 当地の代表的な寺社建築となる見付天神社完成
昭和 23年 創業者から石川博敏が営業継承
昭和 26年 石川博敏、公選で磐田市教育委員に当選
昭和 27年 戦後初のRC造である袋井郵便局完成
村道和口橋建設で初のブルドーザー購入
昭和 32年 磐田市今之浦地内に工場敷地を取得し、今之浦開発の先駆者となる
昭和 33年 完工高1億円達成
狩野川台風の災害復旧事業に参画
昭和 35年 石川建設株式会社に組織変更
初代社長に石川博敏が就任
昭和 43年 アスファルトプラントを設置し、舗装部門へ進出
昭和 44年 本社社屋を現在地(磐田市今之浦)に移転
昭和 47年 会計処理を伝票に切り替え
昭和 48年 完工高10億円達成(第13期)
昭和 49年 住宅部門へ本格的に進出
昭和 50年 石川博敏が会長に就任
金原繁廣が社長に就任
石川博敏が黄綬褒章を受章
昭和 54年 修繕部門に本格進出し、大規模な土木、建築、舗装工事から住宅、営繕工事までの総合建設業として業態を確立
昭和 55年 コンピュータ会計導入
平成 元年 石川博敏が相談役に就任
金原繁廣が会長に就任
石川大造が社長に就任
平成 2年 石川博敏、磐田文化振興基金を設立
平成 3年 タウン開発に進出し、グリーンヒルズさくら台の造成工事に着手
平成 4年 完工高100億円達成(第32期)
平成 6年 金原繁廣、磐田商工会議所会頭に就任
平成 9年 工事金額で過去最高となる磐田市立総合病院完成
平成 10年 完工高150億円達成(第38期)
平成 12年 ISO9001認証取得
平成 13年 ISO14001認証取得
平成 14年 創業100年
2002W杯の日本代表ベースキャンプ地となる磐田スポーツ交流の里ゆめりあの土木、建築工事を完成
平成 16年 創業100年事業として新社屋落成
平成 17年 向陽開発有限責任事業組合 設立
平成 18年 石川大造が袋井建設業協会会長に就任
遠江総合高校PFI落札
平成 20年 ねむの木こども美術館で静岡県建設業協会賞 建築部門 最優秀賞を受賞
平成 22年 新会計システム導入
平成 25年 見付美登里土地区画整理事業「プラザ21見付」着工
平成 26年 津波対策防潮堤事業基金として磐田市へ1,000万円寄付
磐田市と防潮堤盛土の提携
平成 27年 いわた農業経営塾株式会社、磐南ファーム株式会社 設立
石川修が代表取締役社長に就任